健康にやせるなら、筋肉もつけましょう

世の中には、かなりの年齢を重ねているにも関わらず、年よりも若く見える人がいます。
このような人は肌につやがあり、顔色も良いものです。
こういった人に共通しているのは、何がしか体を動かす習慣を持っているということです。
若いうちは、運動をしていなくとも、もともともっている力でそれほど太ったり、老けたりということはありませんが、年をとるに従って、その機能が落ちてくるのです。
その力は筋肉による基礎代謝というものです。
筋肉があれば、その筋肉にエネルギーを送り続けることで、栄養分が消費されていくのです。
そのため、特に運動をしなくとも筋肉を維持していくために、カロリーが消費されていくわけです。
健康的に痩せるためには、こうした筋肉の基礎代謝は欠かすことができないものになっています。
ですから、ある程度の筋肉量を維持するためには、適度な運動をすることが必要になってくるのです。
特に一定年齢になってからは、極端に筋肉量を増やすことよりも衰えないように継続的に負荷をかけ続けておくことが重要になってきます。
ウォーキングや柔軟体操、電車で立っておく、階段を登る、なども程よい刺激を与えるためには、ぴったりの運動といえます。